うなじ脱毛の特徴

タオル

うなじを脱毛することで首が長く見える事も

自分で無駄毛を自己処理するのが難しい部位を、脱毛サロンでの脱毛でキレイにしたいと、考えている人も多いのではないでしょうか。自己処理しにくい部位として「うなじ」が挙げられますが、脱毛サロンの多くでうなじ脱毛プランが用意されています。自分からだとよく見えないうなじですが、他人には意外と見られている部位ということもあり、無駄毛が気になる人も多いようです。脱毛サロンでうなじ脱毛を受けることによって、自己処理が難しい襟足部分の無駄毛は産毛を処理でき、いつでもキレイな状態をキープできます。また、多くの脱毛サロンでは襟足部分のデザインを整えて脱毛を行ってくれるため、左右対称の美しい襟足を得ることが可能です。襟足のデザインは主にアルファベットで表されることが多く、U型・W型・MW型といったデザインが基本となっています。U型は文字通りアルファベットのUの形をしているデザインで、右から左に下向きに円を描くようにして襟足部分を脱毛します。W型は左右対称にWの形をしているデザイン、MW型はMとWの形を組み合わせたようなデザインで、首がほっそり長く見えるとして、今うなじ脱毛では人気です。脱毛サロンでうなじ脱毛を行った場合、自己処理が不要になるまでには6回から8回、ツルツルに脱毛するためには12回から15回ほどの施術回数が必要です。各脱毛サロンによって費用は異なりますが、うなじ脱毛8回コースの平均的な金額は20,000円という所が多い傾向にあります。

Copyright© 2019 施術部位として不動のナンバー1を誇る「ワキ脱毛」 All Rights Reserved.